「ほっ」と。キャンペーン
2014年 10月 14日

芸術の秋。

今月20日で終了する「オルセー美術館展」。
連休最後の昨日、もう他に行ける日がない!と、台風が近づくお天気の中、
出掛けて参りました。
a0170166_17093217.jpg
オルセーと言えば、「印象派」の絵画が有名ですが、
ここに展示されているモネの絵を見て感動し、
かつて油絵を習い始めた事が有りました。
自分で描いた絵はモネとは程遠い絵でしたが、
それからは、モネが展示される絵画展には必ずを運び、
また、国内の美術館も、モネ目当てにあちこち出掛けた覚えがあります。
レプリカも何枚か購入したりなんかして、
あの当時はかなり熱が入ってました。笑
思えば、あのころから
絵画をはじめ芸術に少しだけ興味を持つようになった気がします。
それまでは思い切り体育会系でしたから!(^^)!

昨日は、オルセー展の後、
やはり国立新美術館で開催されている「チューリヒ美術館展」へも行き、
駆け足ではありましたが、
芸術の秋を楽しんでまいりました。





[PR]

by lococo16 | 2014-10-14 17:29 | お出かけ | Comments(1)
Commented by desire_san at 2014-10-15 08:11
こんにちは
私も「オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由」を見てきましたので、楽しく拝見しました。14年ぶりの来日したマネの「笛を吹く少年」とミレーの「晩鐘」には感激しました。印象派絵画の代表作が一つの部屋に並び、モネ、シスレー、ルノワール、セザンヌに画家の個性理解できたのも良かったと思います。印象派以外にも優れた作品が来日していて充実した美術展で満足しました。
私はこの美術展を観た機会に、マネの美術、写実主義(クールベ)と自然主義(ミレー)、二つのリアリズの違い、印象派の画家のそれぞれの個性、印象派とは別の道を歩んだ同時代の画家について整理し、自分なりの見方も書いてみました。よろしかったらご一読いだき、ご感想、ご意見などコメントいただけると感謝致します。


<< 今年もディズニー。      セミナー終了♪ありがとうござい... >>