「ほっ」と。キャンペーン
2016年 11月 21日

美術館巡り

この秋は、見たい美術展がいっぱい!!
ということで、一気に3件 美術館巡り!

a0170166_18363074.jpg
まずは上野へGO。
デトロイト美術館展を鑑賞後、
東京都美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」へ。
どちらも一応、ゴッホがメインとなっておりますが、
ゴッホと交流のあった画家の絵も展示されております。
ですので、印象派の画家の絵がほとんどです。

その後、六本木へ移動し、
マリーアントワネット展へ。
来場者は、予想通りほとんど女子(^_-)-☆
私が期待していた展示物とはちょっと違っていて、
少しだけがっかり・・・・。

さすがに3件の美術展を一気にめぐるのは
ちょっと疲れましたが、
上野公園の木々や 
六本木ヒルズ展望台からの景色が
疲れを吹き飛ばしてくれました。

芸術の秋。
まだまだ行きたい美術展が満載です。


S・B・M(シンロジカル・ボディ・メソッド)Tochigi
サロンH・Pもご覧ください
http://www.sbmtochigisalon.com/









[PR]

by lococo16 | 2016-11-21 18:51 | お出かけ | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-12-20 03:06
こんにちは、
私も「ゴッホとゴーギャン展」を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。ゴッホとゴーギャンの絵を比べながら見ていくと、ゴッホの色彩は今描いたばかりで、絵具の匂いがするほどの生々し筆使いを感じますが、それに比べるとゴーギャンの色彩や筆使いは何か渇いたような感じを感じました。

私はゴッホとゴーギャンの共同生活が生み出した成果と共同生活の破たんの原因についてレポートしてみました。 そこからゴッホ絵画の凄さを改めて考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

Commented by lococo16 at 2016-12-20 23:29
desire_san at 2016-12-20 03:06様
コメントありがとうございます。
美術館に足を運ぶ楽しさは、普段は本やネットなどでしか目にすることができない本物を、この目で 目の前で鑑賞できることにつきますね。

ここ数年は日本の美術に興味があり、目にする機会も多くなりました。
desire_sanさんの美術への造詣の深さに感心しつつ、作品鑑賞の参考にさせて頂きますね♪


<< クリスマス      S・B・M「光の美学」スペシャ... >>