美しいもの。美しい人。

lococo16.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 01日

オフィーリア。

森アーツセンターギャラリー にて開催されている「ラファエル前派展」。

一度見てみたかった「オフィーリア」。
a0170166_20032965.jpg
だいぶ以前、テレビだったのか、何かの本だったのかは忘れましたが、
この絵を目にしたとき、
まるで写真のような描写に引き付けられ、
実際にこの目で見てみたいと、ずっと思っておりました。
「ラファエル前派展」にて展示されているので
是非とも出かけてみたいと思っております。

今年は、見たい絵画展が都内で沢山開催されるので、
オフィーリアを皮切りに!(^^)!いろいろ出掛けてみたいと思っております。












[PR]

by lococo16 | 2014-03-01 20:25 | 日々の出来事 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2014-03-27 21:45
こんにちは。
私も六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーでラフアエル前派展を見てきましたので「オフィーリア」のお話、興味深く読ませていただきました。
「ラフアエル前派」の画家たちの気持ちには共感しましたが。印象派、フォービズム、キュビズムのような明確な理論や絵画手法を持った芸術運動でなかったラファエル前派は、この画家の感性や市資質の違いから大きな芸術潮流には育ちませんでしたが、ミレイ、ロセッティ、バーン・ジョーンズの魅力ある作品群から、画家の独特の自意識や美の感性を楽しむことができました。

今回の美術展で漠然としていた「ラフアエル前派」の全体像が見えてきたように思い、個々の画家の魅力も含めて「ラフアエル前派」について私なりにまとめてみました。読んでいただけますようでしたら、ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけると感謝します。
Commented by lococo16 at 2014-03-27 22:27
desire_san様♪
ご訪問&コメントありがとうございます。
ラフアエル前派展、お出かけになったのですね♪
私の方は、先週日曜日に出かける予定が、
急な用で行けなくなり、開企中に行けるかあやうくなってきました・・・涙

desire_sanさまのブログ、拝見させて頂きました。
論理的な解析、解説、素晴らしいです。
絵画だけでなく、芸術全般、造詣が深くていらして、
なにか、そのようなお仕事をなさっているのでしょうか。

こちらにも、またぜひご訪問くださいね。
コメントも大歓迎であります!!
宜しくお願い致します♪



<< テーブルコーデ。      子育て。親育て。 >>